【安価で高性能なシュラフ】コスパ抜群のOhuhuの封筒型寝袋をレビュー!ファミリーにもソロにもオススメ!

今年もキャンプシーズンですね!

ただ、今年はコロナの影響で緊急事態宣言が発令されている地域もあるので、なかなか思うようにキャンプに行けない方も多いのではないでしょうか?

今は辛抱強く、良いキャンプ場を探しつつ、コロナが落ち着いてから楽しめるようにキャンプギアを揃えて、準備を整えておきましょう。

さて、今回はシュラフを新調したので商品レビューです。

便利でコスパに優れたシュラフでしたので、ご興味のある方は、是非最後までご覧ください!

目次

コスパ抜群!Ohuhuの封筒型シュラフ

商品紹介

今回購入したシュラフはこちら!どどん!

Ohuhuの封筒型シュラフです。Amazonで¥4,599で購入できます!(2021/05/08時点)

商品スペック

メーカー Ohuhu
商品名封筒型寝袋
サイズ袋収納時:48cm×30cm×30cm
開いた時:幅150cm×長さ220cm
重量2.88 kg
カラーブラック、グリーン、ブルー
快適温度0℃~10℃
最低使用温度-5度(Amazonより引用)
備考・防水
・連結(2人用寝袋1つ)・解体(1人用寝袋2つ)可能
・枕2つ付き
・丸洗い可能

備考に記載している機能がなんとも便利ですので、下で詳細に説明していきます。

開封&レビュー

商品はかなり窮屈な形の段ボールに詰められて届きました。ちょっと可愛い。

袋から出して広げてみると、意外にも結構広い。

これは2人用として広げています

幅150cm×長さ220cmであれば、確かにこの程度か、という感じです。

通常のWサイズベッドが幅140cm程度なので、しっかりそれ同等のサイズが再現されていますね。

「Ohuhuの封筒型シュラフ」のメリット

連結して2人用の寝袋としても、分解して1人用の寝袋としても使用できる

ファスナーで連結・分解することができ、2人用・1人用どちらにも対応しています。

2人用であれば1つの大きな封筒型シュラフになるし、1人用であれば大人1人がすっぽり収まるサイズの封筒型シュラフになります。

ファミリーキャンプとソロキャンプ両方に対応している商品なので、フレキシブルに使用できます。

また、枕も2つ付属しているので、外でも快適に寝ることができます。

圧迫感のない形状・サイズのため、屋外でも布団のような寝心地を体感できる

封筒型シュラフは、マミー型などの締まった形状ではないため、広々としていて、布団に寝ているような感覚で手足を自由に動かせます。

実際に2人用シュラフとして1泊使用してみましたが、全く窮屈な感じもなく、むしろ余裕を持って寝ることができました。

逆に、圧迫感がない分、体とシュラフの間に少し空間が空いてしまうので、冬場など冷気が入ってくるようなシーズンの使用は気をつける必要がありそうです。

今回の宿泊では、

・外気温は7度前後
・服装は下着・ロンT・長ズボン

という条件で寝てみましたが、全く寒くありませんでした。

Amazonの情報でも、快適温度0℃~10℃と提示されているようです。

これ以上寒い場合に着込んで寝ても、圧迫感を感じない程度の広さはあります。

アウターとセットで使用すれば冬場の極寒キャンプ・雪中キャンプなど以外は大方カバーできそうかなというイメージです。

手で丸洗いできる

まだ実際には試せていませんが、手で丸洗いできるそうです。

特に屋外(焚き火の匂いがつきやすいキャンプなど)で使用することが多いはずなので、匂いや汚れの蓄積が気になりますよね。

個人的には、「丸洗い可能」はシュラフ選びに外せない条件です。

「Ohuhuの封筒型シュラフ」のデメリット

畳んだ時のサイズが大きい

コンパクトさは追求されていないので、軽量化されたマミー型シュラフと比較するとサイズは圧倒的に大きいです。

バイクキャンパーやバックパック1つでキャンプに行かれる方には不向きかもしれません。

圧縮せずに畳むと一人用チェアと同じくらいのサイズになります
下のグリーンの袋がColemanの2ルームテントMDX、上が今回ご紹介しているOhuhuの封筒型シュラフです。
シュラフにしてはそれなりに大きいと感じてます。

畳んで付属に袋に入れるのが激ムズ

畳んでもあまり小さくならないので、付属の袋に入れるのが難しめです。

そのまま袋に入れようとしたらこんな感じ。サイズがかなりジャストなので、畳み方を気をつけないとかなり労力を要します

多少私の器用さも影響してそうですが、もう少しサイズが大きい袋でも良かったんじゃないかなというくらいではあります。

畳んで入れやすくする裏ワザ!

結構畳んで入れるのに体力を要したので、もう少し楽に畳める工夫ができないか考えました。

思いついたのはシンプルですが、「圧縮袋に入れる」ことです。

今回このシュラフ用に購入した圧縮袋がこちら!

これを使用することで、こんなにも楽に袋に入れることができます。


付属のポンプだけでかなり圧縮されています

隙間が空くくらいすっぽりと袋に収めることができました

掃除機がなくとも、付属のポンプを使用すれば、キャンプなどの出先でも簡単に圧縮可能です。

先日のキャンプでテント内にて。

多少の手間はかかりますが、圧縮せずに頑張って袋に入れる労力を考えたらこの方が断然楽だと感じました。

この圧縮袋は3枚セットなので、余った分は家の寝具類を収納するための圧縮袋としても大活躍しています。

まとめ【Ohuhuの封筒型シュラフ】

今回のOhuhuの封筒型シュラフ商品レビューのまとめです。

・「Ohuhuの封筒型シュラフ」はファミリーキャンプにもソロキャンプにもオススメ
・連結して2人用の寝袋としても、分解して1人用の寝袋としても使用できる
・圧迫感のない形状・サイズのため、屋外でも布団のような寝心地を体感できる
・手で丸洗いできる
・畳んだ時のサイズが大きい
・畳んで付属に袋に入れるのが激ムズだが、圧縮袋で万事解決

・キャンプに興味があるけど、まだ寝袋を持っていない
・高価で本格的なシュラフじゃなくて良いけど、安価で必要最低限の機能が備わったシュラフが欲しい

という方にはおすすめのシュラフですので、ご興味のある方はぜひご検討ください!

それでは!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる