【ジーンズ購入記録】『RESOLUTE(リゾルト)711』を購入しました!

今日は、購入したジーンズの紹介です。(自己満記事です笑)

自己紹介で「リジッドデニムを履き潰すのが趣味」と言いながら、これまでジーンズに関連する記事を書いたのは、一度だけ。

こちらの記事です。

ということで、今回は2022年5月に購入した『RESOLUTE(リゾルト)711』を紹介しようと思います。

まだ履き潰して半年程度なので、本記事では711の特徴、購入時の711の状態だけまとめようと思います。

目次

RESOLUTE(リゾルト)とは?

国産デニム業界で20年以上デザイナーを務め、その黎明期からデニムファンに支持されてきた林 芳亨(はやし よしゆき)が新たに立ち上げたブランドが『RESOLUTE(リゾルト)』です。

引用元:ZABOU まいどおおきに 紳士の集う洋服屋|RESOLUTE(リゾルト)とは

上の記事で詳細をまとめてくれていますが、RESOLUTE(リゾルト)は、日本ジーンズ業界の重鎮こと林 芳亨さんが立ち上げた日本人の体型に合わせた日本人のためのジーンズを作っている国内ブランドです。

林さんは、1988年の同じく国内ジーンズブランド「ドゥニーム」の設立にデザイナーとして参画されていた方です。

リゾルトの特徴は、主に下記2点だと言われています。

  • 旧式織機で織られた生地を使うことによる強い毛羽立ち
  • 日本人の体型に合わせたサイジング

林さんが長い年月をかけてデニムを作り続けてきたからこそわかるデニムの本当の楽しみ方、日本人が求めるデニムの必要条件が詰まっているような気がします。

リゾルトは日本人の体型に合わせた商品を販売するため、ウエストだけでなく、レングスもサイズ展開しています。

そのため、713以外の商品は基本的には裾上げはせず、自身の脚の長さに合わせたレングスサイズの商品を購入できます。

RESOLUTE(リゾルト)の定番品は「710・711・712・713」の4種類

丁寧に説明されている記事はたくさんあるので、本記事ではさわりだけ。

品番特徴
710リーバイスの1960年代の製品、通称66モデル(ロクロクモデル)のジーンズをベースとして作られたモデル。
テーパード気味のスリムストレートシルエット。
リゾルト商品のベーシックとなる13.75オンス。
711リーバイスのXXモデル(ダブルエックスモデル)をベースに作られたモデル。
随所にヴィンテージデニムの特徴が受け継がれている。セミワイドストレートシルエット。
他3モデルより生地が軽い(13.13オンス)
712リーバイスの505に類似した型。710・711と違いジッパーフライが導入されていることが特徴。
テーパードシルエット。13.75オンス。
713股上が浅いスリムストレートシルエットのローライズモデル。レングスが1つのため裾上げが必要。
13.75オンス。

4定番でもそれぞれ個性があるので、私も今回購入した711が気に入ったら2つ目の購入も検討してみようと思っています。

RESOLUTE(リゾルト)711を購入!

今回711を購入したのは「ZABOU TOKYO 渋谷店」。

立地は渋谷駅と原宿駅の中間あたりの場所に位置します。

今回は、原宿駅から向かいました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次