Amazonで購入した激安キャンプチェア3つを比較してみた!最強のキャンプ椅子はどれ?

こんにちは!

夏の暑さも落ち着き、秋はキャンプも行きやすい季節ですね。

今のところ次のキャンプの予定はないのですが、この時期になってくると紅葉が綺麗なキャンプ場に行って焼き芋とかしたいですよね。

突然ですが、みなさんキャンプギアを選ぶ際にこう思ったことはないでしょうか。

キャンプチェア多すぎてどれがいいかわからん…。

俗にアウトドアチェアと呼ばれたりもしますが、私もキャンプデビューする際にキャンプチェアはどれを購入すれば良いかわからず色々調べました。

今回は、アウトドアチェアの種類やメリット・デメリットと、私がこれまでにAmazonで購入した激安キャンプチェア3つを比較して紹介しようと思います。

目次

アウトドアチェア(キャンプチェア)は大きく3つに分類される

今回は便宜上、アウトドアチェアとキャンプチェアをニアリーイコールであると仮定して話を進めます。

アウトドアチェアには大きく3つに分類されます。

  1. ハイチェアタイプ
  2. ローチェアタイプ
  3. ベンチタイプ

ハイチェアタイプ

ホームセンターやアウトドアショップに昔から並んでいる一般的なタイプです。

座面が少し高く設計されていて、脚の骨格部分の取り外しはなく、中央に寄せて折り畳む(収縮する)ことで持ち運びやすく変形させることができます。

さっと広げてさっと畳めるので、子供の運動会やスポーツ大会、釣り場などで見かけることも多いタイプですね。

簡単に折りたたみできる分、嵩張りやすく、できるだけ荷物を軽く小さく収めたいキャンパーには向いていません。

座面が高い分、高いテーブルやBBQスタンドなどとの相性が良いです。

ローチェアタイプ

近年、ヘリノックスの製品を筆頭に、キャンプで一番よく見かけるタイプです。

脚の骨格部分を取り外し、たたむことでコンパクトに収納できます。

また、骨格自体もできるだけ細く設計されているため、重量もハイチェアに比べて軽いです。

キャンプでよく目にする低いタイプのテーブルなどとの相性が良いです。

私が購入した3種類の激安チェアもこのタイプになります。

ローチェアタイプの中でも上のような座面が地上から少し離れているタイプと、下のような限りなく座面が地上に近いグラウンドチェアタイプとに、さらに分類することができます。

直火で焚き火ができるキャンプ場などではグラウンドタイプのキャンパーが多いですね。

ベンチタイプ

名前の通り、ベンチのように横に広いタイプのチェアです。

子供が複数人いるファミリーなどに人気のタイプです。

こちらも脚が取り外せる訳ではないので、折りたたんだ状態でも大きいので、車持ちなど持ち運びに余裕がある方向けの製品になっています。

どのタイプのキャンプチェアが良いの?

どのタイプにも向き不向き、使い勝手の良いターゲット悪いターゲットがいるので、一概には言えません。

上記の3タイプ以外にも、今の時代はさまざまなタイプのキャンプチェアが世の中にはたくさん売られています。

なので、自分がどういった用途で使用したいかを考えた上で、自分が気に入ったチェアを購入するのが良いです。

用途を考えてタイプを絞った上で、そしたら次は

  • メーカー
  • 予算感
  • 便利機能
  • 重量

など、さらに細かく自分の要望を考えた上で最適なチェアを探すのが良いと思います。

私の場合は、

  • ソロキャンプでも複数のキャンプでも使用できる
  • 畳んだ状態がコンパクトで軽量
  • 安い価格帯(2,000〜4,000円程)で売られている

を条件とした時に、ローチェアタイプが自分の用途に合致していると考え、ローチェアを複数購入しました。

購入した激安キャンプチェア3つを比較

私が使用しているキャンプチェアはこちらの3つ。

どのチェアも購入後、3年程経過しています。。

実際に横に並べてみると、このような感じ。

…いや、わからん…。

違いは本当にほぼなく、強いて言うなれば、ROCK CLOUDのみ、両サイドにドリンクホルダーが付いていることくらい。

スペックも比較してみました。

メーカーMoonLenceLinkaxRockCloud
カラーブルー・ブラックレッド・ブラックベージュ・ブラック
価格(2022/09/24現在)¥2,899¥2,580¥3,299
重量890g880g1,120g
耐荷重150kg150kg120kg
ドリンクホルダー

やっぱりわからん…

もう一つ違いを示すなれば、MoonLneceのみ、座面背もたれの布地の裏がコーティングされていて、年月の経過と日光によってコーティングが劣化し、見た目が悪くなっていました。

結論、タイプが同じで、安価な価格帯のチェアはほぼ一緒!

使用していくうちにダメージの差分は出るようですが、スペック・見た目・座り心地共に、激安ローチェアはさほど大差がないことがわかりました。

ドリンクホルダーは意外とよく使うので、できればあった方が良いです!

これからキャンプデビューされる方は、とりあえず自分の好きなデザインと金額感のローチェアを1つ購入しておけば、間違い無いと思います!

キャンプチェア(ローチェア)の組み立て方

ほとんど全てのローチェアが同じ設計になっていると思いますので、ここでご紹介。

折りたたみ時は、どのローチェアもこのくらいのサイズ感に収まっています。

このメーカーで言うと、37cm×13cm×13cm。コンパクトですね!

中には、これらの部品。

左から、収納袋、座面背もたれ部分、脚骨格、ビニールに入っているのが脚が地面にめり込まないようにするためのオプションです。

このオプションは、地面がぬかるんでいる時などに使用するようですが、使わずに困ったことがないので、基本的には不要かと思います。

脚をバラして組み立てるとこのような形になります。

バラすといってもゴム紐で全てのパーツが繋がっているので、ハマりそうな脚骨格をハマりそうな穴に差し込んでいくだけです。

そしたら次は、座面背もたれ部を脚の先端に差し込んでいきます。

背中2箇所、太もも2箇所の合計4箇所です。

さて、完成!!

初めてでも、何ら困ることなく組み立てられるくらいに簡単です。

まとめ

さて、本日はキャンプチェアのタイプ説明と、激安ローチェアの比較記事でした。

この記事の総括、この3つだけ。

・アウトドアチェアは、ハイチェアタイプ、ローチェアタイプ、ベンチタイプに大別される
・自身の用途に合わせてタイプを選択する
・Amazonで売っている激安ローチェアは機能的に大差ないため、好きなデザインを選んでOK

キャンプチェア、どれ選んで良いかわからん…という方の少しでも役に立てば嬉しいです!

それでは〜

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる