【コンパクトサイズ】ダイソーのメスティンで半自動炊飯!使うのは固形燃料1つだけ!

キャンプの必須アイテム「メスティン」。手軽に炊飯できるgoodなギアです。

昨年くらいから100円ショップから次々に激安キャンプグッズが販売され始めているのですが、なんと2020年6月からダイソーからもメスティンが登場しました!

発売からすぐに巷で話題を呼んでいましたが、この度購入・使用してみたので、商品レビューをします。

先にこの記事のポイントをまとめます。

・ダイソーらしく値段は税抜500円
・サイズは約1合用(トランギアのメスティンより一回り小さい)
・ダイソーの固形燃料1つで炊飯可能
アルコールバーナーでも炊飯できる
焚き火台で炊くのもなかなか粋

気になる見出しに飛んで、ご覧ください!

目次

商品スペック【ダイソーのメスティン】

メーカーダイソー
商品名メスティン
サイズ幅150mm×奥行き80mm×高さ50mm
重量103g
材質アルミ
価格税別500円

この商品がどこにでもあるダイソーで、しかも500円という価格で購入できるのは、世の中便利になったものですね…!

取手は一般的なメスティンと同じように折り畳むことができます

それでは、ここから詳細に解説していきます。

ダイソーのメスティンのサイズはどのくらい?

商品スペックに記載した通り、「幅150mm×奥行き80mm×高さ50mm」です!

と言われてもわからないと思うので、メスティンを使い慣れている方向けに言うと、一般的なメスティン(トランギア等)と比較します。

比較項目ダイソーのメスティントランギアのメスティン
サイズ幅150mm(-20mm)
奥行き80mm(-15mm)
高さ50mm(-12mm)
幅170mm
奥行き95mm
高さ62mm
重量103g(-47g)150g
炊飯できるお米の量約1合(-0.8合)約1.8合
価格税別500円税別1600円
ダイソーのメスティンの( )の中は、トランギアメスティンと比較した時の差分です。

表を見るとわかる通り、一般的なメスティンより、サイズも重量も一回り小さいです。

それに伴い、炊飯できるお米の量も半分程度になります。ただし、しっかり1合は炊けます。

私のこれまでの経験からすると アウトドアシーンにおける炊飯では、1合で大人2人のちょうど1食分くらいになります。

なので、キャンプだと2人キャンプまではこのメスティンで十分に賄えると思います。

ダイソーのメスティンに使用する固形燃料は?

固形燃料もダイソーで購入できます!

3個入りで100円というお得商品!

燃焼時間も20分〜23分で火の持ちも良い。

この固形燃料1つが燃え尽きる時間(20分〜23分)が、ダイソーメスティンで1合を炊飯するのにちょうど良い時間なので、炊飯にタイマーを使う必要もないです。

流石、両方ダイソー商品ということもあって、相性抜群の固形燃料です。

ダイソーのメスティンの使い方

半自動炊飯なので超簡単なので、4ステップです。(上の写真より少し丁寧な使い方をご紹介します)

  1. 1合分のお米を研ぐ
  2. 水を入れる(目安は、メスティンの取手の留め具の2〜3mm程度上まで)
  3. 熱源(固形燃料・アルコールバーナーなど)の上に設置し、燃料に着火して炊飯する
  4. 湿らせたタオルに包み裏返して蒸らす

これで出来上がりです!

時間にして、①〜②に1分、③に20分、④に14分として、合計約35分で炊飯できます。

炊飯中…
蒸らし中…
炊き上がり!美味しそうな白米!

かなり簡単ですので、初めてチャレンジされる方でも難なくできると思います。

③の炊飯する時間が、ちょうどダイソーの固形燃料が燃焼する時間と合致しますよね。

固形燃料1個で1合炊ける、ちょうど良い点がこのメスティンのおすすめポイントです。

炊飯以外にも調理もできます
  • 使い方簡単
  • 500円という激安価格
  • 1合炊飯するには十分な品質

というポイントが揃っているので、初めてメスティンを購入される方・使用される方のお試し品としては、 かなりオススメです。

なお、炊飯をするには五徳が必要です。

五徳は、「五徳としての機能のみを持っているもの」と、上の写真のような「風防の機能も兼ね備えているもの」があります。

屋外で燃料を使用すると、風が強くて燃料の火力が弱くなってしまう…ということはよくあります。

そのため、キャンプなどのアウトドアシーンでの使用を想定されている方は、風防機能付きの五徳を準備することをオススメします。

ダイソーのメスティンはアルコールバーナーでも炊飯できる

アルコールバーナーでも炊飯できます。

使い方は固形燃料を使用する時とほぼ同じです。

熱源を固形燃料からアルコールバーナーに変更し、炊飯時間を測っておく点だけ異なります。

私は、トランギアのアルコールバーナーを使用しています。

アルコールバーナーは他の調理にも使用できるし、キャンプでは重宝するアイテムです。

上で紹介した五徳とも相性バッチリ!

アルコールバーナーについては別記事でまとめていますので、是非ご覧ください。

ダイソーのメスティンは焚き火台でも炊飯できる

焚き火台の上でも炊飯できます。

焚き火台に網を乗せ、その上にメスティンを乗せて炊飯することは容易にできます。

ただ焚き火台だと、必要以上に火力が強くなったり、急に鎮静したり、火加減が難しいのが難点です。

適宜メスティンがコポコポ鳴る音をチェックしながら、炊飯時間を調整するようにしましょう。

こんな感じでコポコポなり始めます。コポコポなり始めて10分〜12分程炊飯して、蒸らしに入りましょう。

焚き火台でメスティンを使用すると、メスティンに焼き痕がついていきます。

個人的にはこの焼き痕を粋だと感じているので、同志の方は焚き火台炊飯も楽しめると思います。

まとめ【ダイソーのメスティン】

今回の記事を改めてまとめます!

・ダイソーらしく値段は税抜500円
・サイズは約1合用(トランギアのメスティンより一回り小さい)
・ダイソーの固形燃料1つで炊飯可能
アルコールバーナーでも炊飯できる
焚き火台で炊くのもなかなか粋

繰り返しになりますが、安くて簡単でちゃんとお米が炊ける商品なので、初めてのメスティンとしては、かなりおすすめできます。

また、サイズが他の一般的なメスティンより小さいので、ソロキャンプでギアを軽量化したい方にも良さそうですね。

メスティンの購入を検討中の方にとって、参考になれば嬉しいです!

それでは!

(最後に本記事で紹介したキャンプギアのリンクをまとめています)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる