山口県の周防大島でサイクリングをしてみた!近くの観光地「いろり山賊・錦帯橋」についてもご紹介!

GWに山口県の東に位置する、周防大島に行ってきました!

周防大島ではサイクリングをしたので、今回走ったコースや見所をご紹介します!

・周防大島がどういう島か知りたい
・周防大島でサイクリングをしたい
・周防大島の見所を知りたい

という方に是非ご覧いただきたい記事です!

目次

周防大島とは

まずは周防大島のプロフィールです!

周防大島はこんな島!

周防大島町(すおうおおしまちょう)は、山口県東南部に位置し、瀬戸内海に浮かぶ島では3番目の面積を有し、島と本土とは大畠瀬戸を渡る大島大橋によって連結しています。

地勢は全般的に山岳起伏の斜地で600m級の山々が連なり、海岸部に狭隘な丘陵地が広がる程度で、大半を山地が占めており、年間平均気温15.5℃と比較的温暖な、青く澄みわたる瀬戸内の海と四季の彩り豊かな美しい自然を有する町です。

出典:周防大島町HP https://www.town.suo-oshima.lg.jp/seisakukikaku/outline.html

周防大島には電車、車、船でアクセスできます。

大島大橋から周防大島に渡る時の景色は、左右に海が広がっていて見応えのある絶景なので、可能であれば車で訪れるのをおすすめします。

また、周防大島は「瀬戸内のハワイ」という呼称もあるほど、夏は海水浴が盛んになるようです。

有名なのは島の東岸沿いの「片添ヶ浜海水浴場」

今回サイクリングをした時に通ってみましたが、付近にヤシの木も生えていて、海も綺麗で、ハワイを彷彿させる雰囲気は少なからずありました。

今回のサイクリングルートは約57km!

今回のサイクリングルートは、こんな感じ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる