めちゃめちゃ便利なトランギアのアルコールバーナー |使い方が超簡単で燃料を入手しやすい!

本日はキャンパーなら1つは持っておきたいアルコールバーナーの商品レビューです。

アルコールバーナーの中でも人気が高いトランギアの商品。

このバーナーの良い点を先に簡単にご紹介します!

・コンパクトで持ち運びやすい
使い方が超簡単(着火までたったの3ステップ)
・ちょっとした調理が手軽にできる
・燃料用アルコールが手に入りやすい
・頑丈なので特別なメンテがなく、管理が楽チン
・時には暖を取る器具としても使える

ナイスなポイントがかなり多いアイテムですね。

本記事ではこのナイスなポイントの詳細をお伝えします。目次から気になる見出しに遷移してご覧ください!

目次

商品スペック【トランギアのアルコールバーナー】

メーカートランギア(trangia)
商品名アルコールバーナー
材質真鍮
サイズ直径約7.5cm × 高さ約4.5cm
重量約110g
容量約100mL
使用燃料燃料用アルコール(エチルアルコール、メチルアルコール)
スウェーデンらしいパッケージ

ここから、このアルコールバーナーのナイスなポイントのご紹介です!

①コンパクトで持ち運びやすい

外寸が、直径約7.5cm × 高さ約4.5cmというコンパクトサイズです。

どれくらいコンパクトなのかサイズ比較の写真を撮るのを忘れたのですが、

「直径 7.5cm」で検索すると、マグカップがヒットするので、大体マグカップくらいの直径だと思ってください。

手のひらにすっぽりのっかるくらいには小さいです。

デイキャンプやベランダキャンプ、火を使っても問題ない場所でのピクニックなどにすぐに持っていける便利さがあります。

②使い方が超簡単(着火までたったの3ステップ)

使い方が超絶簡単です。この3ステップだけ!

  1. 蓋を開ける
  2. 燃料を注ぐ
  3. 着火する
⓪準備する
①蓋を開ける
②燃料を注ぐ
③着火する

開ける→注ぐ→着火する!という語呂で覚えてください。

まぁ語呂で覚えなくてもわかるくらいに、超簡単です。

③ちょっとした調理が手軽にできる

アルコールバーナーでも調理ができます。

調理するためにはクッカーセットやメスティン、五徳が別途必要ですが、それらを揃えればお手軽料理が作れます。

メスティンを使ってご飯を炊くことなんかは、もはや専売特許のようなものですね。

風防で隠れちゃってますが、アルコールバーナーを使っています
最高に美味い白飯の出来上がり!

④燃料用アルコールが手に入りやすい

Amazonでは、「使用燃料:エチルアルコール、メチルアルコール」と書かれています。

要はエタノールとメタノールですね。

ちょっとこの表現だとわかりづらいかもしれないですが、シンプルに「燃料用アルコール」と書かれているものを購入してください。

燃料用アルコールには、エタノールが25%程度、メタノールが75%程度の配合で入っているらしいです。

この燃料用アルコールは、ドラッグストアで購入できます。

入手しやすいのはなかなか嬉しいポイントですよね。

Amazonでも購入できますが、ちょっと高いので、安く買うなら近くのドラッグストアに足を運んでみてください!

ちなみにAmazonで購入するなら、まとめ買いがお得です。2本セットも3本セットも販売されています。

アルコールバーナーは重宝必至なので、意外と消費は激しく、まとめて買っても無駄にはならない気はします。

⑤頑丈なので特別なメンテがなく、管理が楽チン

裏から見るとtrangiaの「T」の文字!

この黄銅色のボディがなんともカッコいい、このアルコールバーナーですが、材質は真鍮が使われています。

真鍮とは、銅と亜鉛を混ぜ合わせた合金なので、頑丈です。

使用方法もアルコールを入れて燃焼させるだけ、の繰り返しなので、汚れる理由もあまりなくメンテナンスはほぼ不要です。

使って他のキャンプギアと合わせて収納しておくだけで問題ありません。

なお、真鍮はれっきとした金属ですが、特段錆びやすいということはないようです。

ただ、酸化したり手垢などによる経年変化によって、色が深くなり、光沢が霞んでいきます。

これが金属の良さであり楽しみ方でもありますが、もし気になる方は、酸化防止のため密封管理したり、クリームを塗ったりすることで緩和されるようです。

⑥時には暖を取る器具としても使える

私はキャンプで使用することが多いです。

山に宿泊して朝方など、焚き火を起こすまでもないけど少し暖を取りたい…!という時に活躍します。

瞬間的にはこのくらい火が立ち上がることも!

小さい範囲ではあるのですが、一応火であり、火力も強いので、手のひらだけを温める分には事足ります。

体は暖かくないのですが、このアルコールバーナーの火で暖まるという行為が、個人的になんとも粋なので、気になる方はちょっとだけ試してみてください!

粋な色の炎も見せてくれます

トランギアのアルコールバーナーのデメリット

デメリットは、今まで使った感じだと無いです。

ただ、アルコールバーナーは、ガスバーナーほど合理的なアイテムではないので、火力調整や火力の面ではやはり劣ります。

この点をデメリットと捉える方もいますが、燃費が良い高性能なハイブリッドカーを買うか、燃費は少し悪いけど小回りが聞く軽自動車を買うかみたいな話なので、求めるポイントが違いますよね。

アルコールバーナーは、ただ揺れる火を見たり、小さいバーナーで調理をしたりすることを楽しみたい方にオススメします!

風防がないと、風が強い日にはこのくらい火力が弱く見えることも!

簡単な風防がセットであると威力倍増ですね!

ちなみに上の写真の風防は、Amazonで購入したこちらの商品です!

まとめ【トランギアのアルコールバーナー】

再掲ですが、まとめです!

・コンパクトで持ち運びやすい
使い方が超簡単(着火までたったの3ステップ)
・ちょっとした調理が手軽にできる
・燃料用アルコールが手に入りやすい
・頑丈なので特別なメンテがなく、管理が楽チン
・時には暖を取る器具としても使える

買ってみると、想像以上に便利で、アウトドアシーンは常に持ち歩きたくなります。

経年変化による色の移り変わりもクセになるので、愛着も湧いてきます!

興味があるけどまだ持っていない!という方は是非購入をご検討ください。

価格もそこまで高くはないので、後悔はしないはずです。

風防と燃料用アルコールも合わせてどうぞ!

それでは!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる