【雰囲気◎】FEUERHAND(フュアーハンド)社のオイルランタン「ベイビースペシャル276」がキャンプで大活躍!

フュアハンド_オイルランタン

キャンプ用のランタンにはLEDランタンオイルランタンガスランタンなどがあります。

種類は様々ですが、それぞれに適切な用途があります。

私は元々LEDランタンを所持していたのですが、先日フュアハンド社のオイルランタン「ベイビースペシャル276」を新たに購入しました。

実際にキャンプで使ってみたので、今回はこのハリケーンランタンの商品レビューをします。

目次

LEDランタンとオイルランタン(フュアーハンド社製)の特徴

LEDランタン

・基本的に照度が高いため、夜に調理をしたり、周囲の状況を常に把握しておく必要がある場合(子供の様子をみておきたいなど)に活躍する
・光量を調整できる商品が多い
・充電式もしくは電池式なので、管理が楽
・軽量・コンパクトなため持ち運びしやすい(折りたたんだり、変形させることできる場合が多い)
・発熱しないため、取り扱う上での危険度は低い
・災害時にも活躍する

オイルランタン

・キャンプ独特の雰囲気を楽しみたい時(語彙力が足りないですが、chill timeというイメージです)に活躍する
・光量を調整できるが、調整できる幅は小さい
・灯油もしくはパラフィンオイルを使用するため、管理が少し面倒
・ランタンと別にオイルを持っていく必要があるため荷物が嵩張る
・発熱するため、取り扱いには注意が必要

自分の用途に合ったランタンをチョイスしよう!

一見、LEDランタンと比較すると、オイルランタンのメリットが少ないように感じます。

ただ、それでもオイルランタンを購入した理由は、「キャンプ独特の雰囲気を楽しみたい時に活躍する」特徴に尽きます!

キャンプに行く目的は人それぞれだと思いますが、私の場合は、

  • 自然の中で友人と語りあう
  • 自分を見つめ直す時間にする

することでリフレッシュすることを主目的としています。

大自然に囲まれた環境だと、やはりLED光源よりもオイルを使用した火の方が調和します。

余計なことを気にせずにゆらりゆらりと揺れる火を流れることに趣があり、すっかりハマってしまいました。笑

もちろんLEDが活躍する場合もあるので、今は両方持参してます。

以降は、購入したフュアハンド社のオイルランタン「ベイビースペシャル276」の紹介をしていきます!

フュアハンド_オイルランタン
包み紙もかわいい…!
フュアハンド_オイルランタン
外観は流石、クラシックでクールです◎

フュアーハンド社のオイルランタン「ベイビースペシャル276」を使った感想

数あるオイルランタンの中から、私はこのベイビースペシャルを選びました。

その理由は、

多くのキャンプ系Youtuberが使用しているということ
フュアハンド社製品の信頼性

が決め手になりました。

フュアハンド社は1893年にドイツで誕生して以来、小さな改良は重ねているものの、
このハリケーンランタン(オイルランタン)の形状はこれまでほとんど変わっていないらしいです。

すごいですよねw

ここから実際に使ってみて、私が感じたことをご紹介していきます。

①風が吹いている環境での使用がオススメ

すごく自己満のような感想を最初に持ってきていますが…笑

燃焼の原理通り、風は下から入り、上から出ていくような構造になっているため、風が吹いた時に少し火が揺れます。

温かみがある揺れる小さな火を眺めながら語り合う時間は趣があり至高です。

後述しますが、熱くなるのは一部のみで、底面は熱を持たないので、木のテーブルなどの上においても特に焼き痕などはつきません。

一気に雰囲気が出るので、是非みんなで囲んだテーブルの真ん中に置いてみてください。

フュアハンド_オイルランタン

②着火後も触れない程には本体は熱くならない

本体は亜鉛合金鋼板という材質なので、着火後に本体が全体的に熱を持つのかな…

と思っていたのですが、熱くなるのは熱の通り道だけ(具体的には上部の蓋部分のみ)でした。

その部分は触れないほどに熱くなりますが、それ以外は近づいても触れない程には熱くなりません。

フュアハンド_オイルランタン

③芯とオイルの消費はゆっくりめ

オイルランタンは基本的に芯となる紐がオイルを吸い上げ、それを燃焼させて火を灯します。

そのため、この芯とオイル(パラフィンオイル)は消耗品なのですが、これらの消費はかなりゆっくりです。

時間と消費量は正しくは計測できていないのですが、パラフィンオイル100ml入れ、程よい火を灯した状態で2〜3時間着火していても消費しきらない程度です。

ランタンの購入時に、初期に使用する用の芯はセットでついてくるのですが、この初期の芯だけでしばらくは楽しめそうです。

私の場合は、すぐに消費してしまうと思い、替芯を購入したのですが、出番はまだまだ先になりそうです。

ちなみに、着火のためには、灯油もしくはパラフィンオイルを使用できます。

灯油は煤(すす)が発生するのに対して、パラフィンオイルは煤が出ないという情報があったため、パラフィンオイルを購入しました。

実際に使用してみて、煤は全くと言って良いほど出なかったので、個人的にはパラフィンオイルはおすすめです。

ご参考まで!

まとめ「FEUERHAND(フュアーハンド)社のオイルランタン」

・LEDランタンとオイルランタンは特徴が大きく異なる
・オイルランタンは利便性には欠けるが、自然と調和して趣があるという点が持ち味

キャンプライフを、より豊かにしてみたい方は是非このランタンをご検討ください!

コロナ第二波の勢いがすごいですが、もう少し落ち着いたら今年中にもっともっとキャンプにいきたいです!

おすすめのキャンプ場があれば、コメントで教えてください!

キャンパー御用達のキャンプボックスについてもご紹介していますので、合わせてお読みください!

電車でキャンプに行く方法については、こちら!

それでは!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる